KIMONDOU-キモンドウ-

KIMONDOU

ID
PASS

サイズ

【女性】

身長
ヒップ

【男性】

身長
ウエスト

利用日

お着物の種類を選択してください

ご利用シーンを選択してください

色合いを選択してください

TEL 0277-30-8053

古代の技術!天平の三纈とは?

皆様、こんにちは。


 

 

日本で受け継がれている染色や織の技術はたくさんありますよね。


 

 

その中でも、「天平の三纈(てんぴょうのさんけち)」


というものがあります。


 

 

少し聞きなれない名前かと思いますが、


古くから愛されている技術です。


 

 

今回ご紹介しますので、ぜひご覧くださいね♪


 

 

 

 

「天平の三纈」とは、


 

纐纈(こうけち)・・・絞り染め


夾纈(きょうけち)・・・板締め


臈纈(ろうけち)・・・ロウケツ染め


 

のこと。


 

 

 

天平の三纈、または上代の三纈として、


奈良時代にはすでに日本に伝わっていたようです。


 

 

世界文化遺産にも指定されており


正倉院には三纈をつかった品々が保存されています。


 

 

三纈は現在まで大切に受け継がれ、愛されてきました。


 

 

 

纐纈(こうけち)は絞り染めのことで、


生地を縛って防染することで模様をつける技法。


 

 

きっと多くの方がご存じですね。


 


 

 

 

夾纈(きょうけち)は板締め絞りのことで


板の間に生地を挟み込み防染します。


 

 

浴衣などで今でも使われる技法です。


 


 

 

 

臈纈(ろうけち)はロウケツ染めのことで


溶かしたロウを防染として使い、


ロウを塗ったところだけが模様として残るという技法。


 

 

「蜜蠟」と呼ばれるロウが高価だったことから


平安時代に一度廃れてしましますが、


明治時代に復活しました。


 


(https://kimondou.jp/products/detail/13)


 

 

 

 

いかがでしたか?


それぞれ違いがあって、素敵な技法ですよね。


 

 

天平の三纈、という名前は聞き覚えが無くても


実は知っている技法があったのでは?


 

 

あなたはどの技法が一番好きですか?


 

 

奈良時代から愛されてきたこれらの技法を


これからも大切にしていきたいですね。


 

 

 

次回からは天平の三纈それぞれのご紹介をしていこうと思いますので


ぜひ更新をお楽しみに♪


 

 

 

 

↓オススメの記事↓


 

「絞り」ってどんなもの?種類は?


美しい古来の技法「ロウケツ染め」


絞り浴衣の魅力って?


絞り浴衣のコーディネートは?


 

 

 

 

 

KIMONDOUは あなたの大切な瞬間を輝かせる着物レンタルサイトです。


 

美しくお洒落なコーディネートをご提案していますので


ぜひ商品ページもご覧くださいませ。


 

 

↓↓訪問着一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=5


↓↓黒留袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=7


↓↓色留袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=6


↓↓振袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=8


ページの先頭へ戻ります