KIMONDOU-キモンドウ-

KIMONDOU

ID
PASS

サイズ

【女性】

身長
ヒップ

【男性】

身長
ウエスト

利用日

お着物の種類を選択してください

ご利用シーンを選択してください

色合いを選択してください

TEL 0277-30-8053

もうすぐ年の瀬!「大晦日」の歴史と意味とは?

 

皆様こんにちは。


 

 

年末で忙しい日々を送っている方が多い時期でしょうか。


 

 

年の終わりの日、12月31日は大晦日


と呼ばれますよね。


 

 

この大晦日とは、そもそもどのような日なのでしょうか。


 

 

今回は、大晦日にまつわるお話をしていきます。


 

 


 

 

大晦日、という言葉は日本人で知らない人はいないですよね。


 

 

「晦」は月の満ち欠けの様子を表す言葉で、月が隠れること。


 

 

また、「晦日」は「つごもり」とも呼ばれ、


同じく月が隠れるという意味があります。


 

 

月の満ち欠けで考えていた昔の暦では、


新月の日を1日として、月が隠れる「晦」の日は30日ごろであったことから


30日を晦日と呼ぶようになったそう。


 

 

この後、「晦日」は「月の終わりの日」という意味になっていき


晦日の中でも1年の最終日である12月31日は


「大晦日」と呼ばれるようになりました。


 

 

 

大晦日の歴史はかなり古く、


平安時代にはすでに大晦日に行事が行われていました。


 

 

新たな年が豊作でありますようにと願って


「歳神様」を祀るための準備をしました。


 

 

歳神様を迎えるため、


大晦日から眠らずに祈願する「歳籠り」をして過ごしたそう。


 

 


 

 

現在では歳籠りの習慣はなくなりましたが、


歳神様を迎えるための装飾である


門松や鏡餅、しめ縄などのお正月飾りが残っています。


 

 

ちなみに、大晦日に食べる「年越しそば」は


そばのように細く長く、という縁起を担いだ風習。


 

 

これは江戸時代に始まったそうですよ。


 

 

 

1年を締めくくる大晦日。


 

 

皆様はどのように過ごしますか?


 

 

日本ならではの風習を感じられるこの時期を


ぜひ楽しんで過ごしてくださいね!


 

 

 

 

初詣に行こう!関東で人気のお詣りスポット3選


着物でおでかけ!車の乗降の仕方


 

 

 

 

-KIMONDOUの着物レンタル一覧-


 

訪問着  黒留袖  色留袖  振袖


夏訪問着  色打掛  白無垢


三歳  五歳  七歳  男着物  紋付袴


最上級セレクション


 

 

 

友だち追加



 

公式LINEを友だち登録で、無料で着物に関する


お役立ち情報を配信します♪(月1回程度)


 

 

また、KIMONDOUの商品・レンタルに関してはもちろん、


着物についてのちょっとしたお悩み・疑問などにも


無料でお答えしています!


 

 

トーク画面にてお気軽に話しかけてみてくださいね✨


ページの先頭へ戻ります