KIMONDOU-キモンドウ-

KIMONDOU

ID
PASS

サイズ

【女性】

身長
ヒップ

【男性】

身長
ウエスト

利用日

お着物の種類を選択してください

ご利用シーンを選択してください

色合いを選択してください

TEL 0277-30-8053

染色作家・久保田一竹とは?【辻が花】

 

皆様、こんにちは。


 

 

以前、「辻が花」についてご紹介しましたが、


現代の辻が花の復刻に人生を懸けた人物、


「久保田一竹」をご存知ですか?


 

 

有名な作家ですので名前は聞いたことがあるかもしれません。


 

 

辻が花を語るうえで欠かせないこの作家について


今回はご紹介したいと思います。


 

 


(https://kimondou.jp/products/detail/289)


 

 

久保田一竹(1917年~2003年)は、日本の染色作家で、


「辻が花」と呼ばれる失われた染色技術の復刻に取り組んだ


世界的にも有名な人物です。


 

 

東京の骨董品屋に生まれた一竹。


 

 

父と同じ職には就かず手に職をつけようと


手描き友禅を始めます。


 

 

小林清に師事し、その後人物画や日本画もそれぞれの師より学びます。


 

 

そして1937年に東京国立博物館で目にした


室町時代の「辻が花染め」に魅了されますが、


すでに辻が花の技法は廃れてしまっていたのです。


 

 

そこで一竹は辻が花の再現を心に決め、研究に励みました。


 

 

途中、太平洋戦争に出兵するも捕虜となりますが


研究熱は冷めなかったようです。


 

 


(https://kimondou.jp/products/detail/289)


 

 

その後研究を続けた一竹は、


「一竹辻が花」として自己流の辻が花を完成させ、


1977年に初めて展覧会を開催。


 

 

1990年にはフランス芸術文化勲章を受章しました。


 

 

「宇宙の威厳」とも評される一竹の着物は


ワシントンのスミソニアン博物館にも展示されました。


 

 

現在では、長男が二代目久保田一竹として跡を継いでいます。


 

 

86年の生涯、そのほとんどを辻が花研究に注いだ、


まさに偉人ですよね。


 

 

現在でも一竹辻が花の人気は衰えず


伝説の作家となっています。


 

 

そんな一竹の作品、一度は見てみたいですね。


 

山梨県には「久保田一竹美術館」がありますので


訪ねてみるのもいいかもしれません。


 

 

きっと一竹の世界に魅了されるでしょう。


 

 

 

KIMONDOUでは一竹辻が花の商品をご用意しております。


ぜひ一度ご覧くださいませ。


 

https://kimondou.jp/products/detail/289


 

 

 

 

 

 

KIMONDOUは あなたの大切な瞬間を輝かせる着物レンタルサイトです。


 

美しくお洒落なコーディネートをご提案していますので


ぜひ商品ページもご覧くださいませ。


 

↓↓訪問着一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=5


 

↓↓黒留袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=7


 

↓↓色留袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=6


 

↓↓振袖一覧はこちら↓↓


https://kimondou.jp/products/list?category_id=8


ページの先頭へ戻ります