KIMONDOU-キモンドウ-

KIMONDOU

ID
PASS

サイズ

【女性】

身長
ヒップ

【男性】

身長
ウエスト

利用日

お着物の種類を選択してください

ご利用シーンを選択してください

色合いを選択してください

TEL 0277-30-8053

メッセージ

MIND OF KIMONDOU

SCROLL

幼少期に母が花嫁衣装に刺繍を施す
職人をしておりました。
横振りのミシンを使って
まるで絵画を描くように、
下絵に沿ってすべて手作業で作成し
着物一面に、花や鳳凰、鶴などの柄を
美しいグラデーションの配色で
正絹の布地に刺繍を施す様は、
子供時代の私にとって、
非常にクリエイティブな仕事として映っていました。

幼少期から書道、華道、
茶道の習い事を通じ
和の文化に触れておりました。
お祭りや花火大会では必ず浴衣を着る。
成人式の振袖は黒の古典柄。
成人式の当日以外に、
日本だけでなく
海外でのイベントや友人の結婚式、
私自身の結納式や結婚式と20数回着用し、
とても思い出深い一枚となりました。

漠然と着物で仕事をしたい、
という想いから、
シアトルに本部を持ち
世界に100を超えるホテルを持つ
ウェスティンが
日本に初進出した際、
恵比寿のウェスティンホテルの
創業メンバーとして入社し、
日本料理の部署を希望し、
毎日着物を着て仕事をしました。

ホテル退職後、
様々な人とのご縁やお仕事をいただく
チャンスを与えていただきましたが、
そういった特別な席には
いつも着物で参加いたしました。

政府から派遣されたノルウェーでは、
現地の人に浴衣着付けの
ワークショップを開催し、
イタリアの映画祭では日舞を披露し、
「浴衣」や「着物」の文化に感動して涙して喜んでくださる方がいたことは、
忘れられない大切な
思い出となっています。


着物を身近に感じる恵まれた環境
であったことに気がついたのは、
友人から
「着物を着たいけど全くわからないし
値段も高そう。
どうしたらいいかわからないので
教えて欲しい」
といった相談を受けるように
なった頃からです。

その際に既存のサービスを紹介しようと
探しましたが、
なかなか見当らず、
百貨店や呉服屋さんにも行きましたが
求めているものを見つけられず、
結局私自身の着物を一式
お貸し出しいたしました。
その時から、
「いつか、着物に関して
全くわからない人が、
安心して気軽に簡単にレンタルすることができるサービスを立ち上げたい」
と考え始めました。

それから5年をかけて、
呉服業界を50年引っ張ってこられた
顧問の木村克彦氏と一緒に
全国のメーカーさん、職人さんに
直接お会いして想いを聞き、
一点一点吟味して購入させていただき、
反物や帯の仕立てをし、
1つずつ思いを込めた
コーティネートをして、
KIMONDOUという
着物レンタルサービスを立ち上げました。

いつもKIMONDOUの着物を
着ていただく方が、
今よりもっと輝いて頂ける事を想像して
コーディネートしています。
年齢問わず、女性のみならず
子供から男性、
サイズに関してもどんな方でも
不安なく着物に触れて楽しんで頂く
ことが出来るよう、
サービスをより充実させて参ります。


皆様の人生の中で、
着物で輝き自信に満ち溢れる時間が
一人でも多くの方に
感じてもらえることを
心より願っております。


株式会社ワクラッチ
代表取締役 熊切理香

プロフィール略歴

幼少期よりガールスカウトに入団、書道、華道を習い、合気道、日本舞踊を嗜む

群馬県出身

1992年
東京観光専門学校ホテル学科ホテル科卒業。
1992年
株式会社サッポロホテルエンタプライズに入社、
ウエスティンホテル東京の第1期生 料飲部キャプテンに就任。
2003年
舞台「母」で初舞台を踏む。
2004年
映画「サクラ、サクラ」主演 松本映画祭グランプリ受賞
2011年
国際交流基金に選定されSunnhordland museam Artist-in-residence(ノルウェー)に参加
2011年
映画「わたしのいえ」San Gio Video festival (イタリア)ゲスト出演
2014年
結婚 主人の事業を引き継ぎ、日本相撲協会主催の「和装day」の企画・運営
環境省・三菱地所主催の「丸の内de打ち水」浴衣レンタル着付の企画・運営
2019年
着物レンタル「KIMONDOU」のサイトをプロデュース

株式会社ワクラッチ 
顧問 木村克彦

宮城県女川町生まれ。高校は宮城県立石巻高校を卒業。卒業後上京して、当時着物専門チェーン店を志していた矢嶋榮二氏に感銘を受け、着物最大手の株式会社やまとに入社し、全国の店舗の営業ブロックマネージャー、商品部長を務めて50年以上に渡り日本の呉服業界で着物のものづくりの基礎をゼロから創り上げてきた。

震災で実家を流され、地元を失い日本人の心を自分の持っている着物の知識や経験を活かしたいと思いを馳せる。平成28年に退職後、呉服業界の未来の為に全国のものづくりのノウハウを活かした伝統と革新の着物トータルコーディネートで、職人やメーカーがゼロから創り上げた大切な想いを伝え、一人でも多くの人に日本文化の想いのある着物に触れてもらいたいとKIMONDOUのサービス立ち上げをプロデュース。

KIMONDOU SELECTION

ページの先頭へ戻ります